スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊び疲れ・・・呑み疲れ・・・な一週間 (o_ _)o

・・・てかその前に「5拍手」も入ってんの、何さwww  早く更新しろって事かぃ??。 (前回の記事に関して)

(※この更新をするのに二度も文章が吹っ飛んだりw連日二日酔いで苦しんでいたりww、もう途中で止めようと思ったんすけどネ本当はwww。)
先々週の水曜日辺りからいろいろな人に会う予定が重なっていまして、こんな事は滅多に無いんすけどネ・・・普段は金ケチって家でおとなしくしてましたからね。。。

身のある話も随分したりされたりした筈なんですが、そういうときに限って泥酔状態で殆んど記憶が無かったり、何だか曖昧な話も多いんですけど^^;ここ最近の動きを何となく綴っておきます。

(注:いつも以上に行間は暗いです。)




①松原農園 (2月17日 午後)

また、伺ってしまいましたw。  '08年から秋、冬、秋、冬、てな感じでこれが四回目の訪問です。

最近は先方の迷惑も考えられるようになってきたので、人と会う時はちゃんと電話でアポ取りしてから伺うようにしているのですが、当初午前中にと伝えていたものの前日夜の路面状況が(恐怖の)ブラックアイスだった為に急遽朝電話して午後に伺う事にして、路面の緩んだ午前9時半に自宅を出発。(ブラックアイスバーンについて、二月の上旬に滝川某所で赤信号を止まりきれずに前の車にケツがかすめるような勢いで真横になって反対車線を横断歩道脇の雪塊に突っ込むまで爆走した・・・ってな事があってから少し警戒するようになりましたw。)

例によって片道210kmですが、何故かこの道中は殆んど運転が苦に感じないのが不思議です。コレが富良野とかだと60km程度でも途中で飽きてくるんですけどねぇ・・・^^;。  雪道ということで若干いつもより時間がかかり、14時過ぎに農園到着。 松原さんはちょうど玄関前の除雪中で、「よぉっ!」というなんだか身内っぽい挨拶をされたことに僕は内心ちょっと感動していたりしたんですが、その後すぐ「まぁ立ち話もなんだからコーヒーでも飲んできなよ」ということで何とご自宅にお邪魔してしまった!!!。 もう僕はそれだけで感無量なので本当はここで書く事なんてなんにもないんですがw、まぁ、それもどうかなと思うので。。。


・・・カナダを引き揚げると決めてから嫁に隠れてネットで色々調べていた頃・・・、「ドイツ品種 垣根式栽培 日本 ・・・ 北海道か ・・・ 日照時間がねぇ ・・・ ミュラーがいい感じなんだ ・・・ 松原農園 か ・・・・・」・・・なんてやってた頃から“思慮深くてアツイ”感じがどことなく懐かしく(※)、いざ嫁を捨ててでも北海道に行ってみようと決心がついた時も「絶対にここにだけは来よう!、どうせどこも相手になんてしてくれないんだろけど、きっとこの人なら次へのヒントみたいなものをくれそだ・・・」という気がしてて、いざ訪ねてみると、「ウチは見ての通り小さな所だからダメだけど、知り合いがいるから電話してやろうか?」ということで古川部長を紹介していただき、その足でお会いした古川部長に「農園だったらこの時期からでも多分・・・」というお言葉を頂きw、そういう「事実」を引っさげてやってきた今の所属先で何故かその場で採用され翌日から働いていたというww・・・・・。
(※松原さんも元「山ヤ」です。)


もしコレが、

松原:「ウチはダメだなぁ。」

でおわりw、その後行くつもりだった北海道ワインで 

受付:「現在、採用はございません」

と冷たくあしらわれていたとしたら・・・???。

僕:「・・・ま、そんなもんだよな・・・帰るか。。。」

という流れになっていたでしょうからw、あの時松原さんには、一に弱気になっていた僕の背中を押してもらい、二に僕の熱意に「ハク」をつけてもらった、わけですね。なので前にもここで書いたような気がしますが、現在僕がここにあるのはやっぱり松原さんのおかげなわけです・・・・・あれからもう一年半か。。。



・・・てな思い出話はいいんですがw、今回は明確に一つ聞いてみたい事がありました。今、ウチで(中略)どうだったのか・・・?。。。   さすがに松原さんはウチのことを良く知っている、「それは(中略)なぁと、で(中略)の可能性は高いな・・・まぁ(以下略)。」等などw、Mさんの昔のこととかも含めやっぱり内容の濃いお話を、やはり期待以上に聞く事が出来ました。僕もいつの間にか社外秘的な内容の話を知る機会が多くなってきていまして・・・どういうタイミングで書けばいいのか、そもそも書いて(僕は)得するのか、今はまだわかりません。。。


この後札幌に行く事を考えればそろそろ帰らないといけない時間にはなっていたんですが、滅多に無い心地よいひと時なものでついついオーバータイム。。。

今回もワイン二本を手に入れて、16時過ぎに農園を後にしました。




②すすきの・・・ (同 夜間)

その後、一路札幌を目指して北上。19時に間に合わない時間なのはわかっていたのですがw、まぁ、松原さんとのお話の方が大事ですのでwww。

先月も17日に皆で集まったんですが、今回もまた大阪からワーホリカナダ時代の友人がトマムでスキーしにやってくるということで、前回と同じメンバーですすきのにて飲み会です

前回は本当に6年ぶりとかだったから何となくぎこちなくなってしまった感が僕にはあったんだけど、この日は結構リラックスしていろいろ話が出来た気がします。

「変わらずにいる、変えていく」ブランクが長かったから特にそんな事思ったりするんだろうけど、相変わらず頼もしいおねーさん方だなぁ・・・とw、特に僕だけ車なので飲んでませんからね、終盤はちょっと押され気味でしたねorz。

なんかまた3月にも来るみたいだしw、5月にはテッチも里帰りするらしいし、僕の北海道生活にも段々と「楽しみ」が増えてきたように思います。やっぱ楽しみの一つも無いと生活に張り合いが無くなっていけませんね


③「魔女」 現るw (2月20~22日)

そう言えば、普段あまりこういうところで友達の話ってしてませんね。考えてみればモッタイナイ、こんなネタの宝庫も無いのにねww。16歳の頃に一度リセットボタンを押している為、僕には学生時代というものが無く、当然当時から続くような昔馴染みの友達というのもいません。そんな中でも珍しく
かれこれ15年近い付き合いになりますか・・・でも、まともに友達として向き合ってみたのは北海道に帰ってきてからが初めてだったりします。 まぁその辺はワーホリカナダのおねーさん方にしてもそうなんですが・・・^^;。。。いかに今まで希薄な人間関係しか育んでこなかったかがよくわかりますね、自分でも・・・・・ま、“現実逃避”の“人間不信”だったんだから仕方ないです。。。。。
久々に会って話してみると改めて気づく事が多く、あぁなんだ結構「感覚」的に似通った所があったんだなぁ・・・もっとマテに連絡取っていたらなぁ・・・あのときあんな相談もできたかもしれないなぁ~・・・などと、一人シンミリしておりました。
(※本当はもっと細かい事まで書いてたんですけど、何故か全文消えてしまいまして・・・特に「東京黒魔術」って書いた直後だったww事を思うと、きっとおねーさんの魔力の残り香みたいなのにやられたんだろうとww・・・なのでもう書きませんorz、意味はわかんなくていいですwww。)
で、そんな僕の思いを他所にこのおねーさんは何をしにきたのかと言うと、

ただ

ペンギンを見に来た

だけだったりします。。。。。


・・・この辺が僕の友達たる所以なのかも知れません・・・

pengin1.jpg
※午前の部は11時開始で、僕らの到着は11時15分だったんですが、見事に間に合ってしまったので当然見ますわな。。。

pengin2.jpg
※で、午後の部は14時半からなのですが、今度は間近で当然見ますわなw。。。  ちょっと、温泉街で浴衣着てプラプラしてるおっさん達みたいにも見えますねww。




④道産ワインの夕べ (2月24日 夜間)

忘れないうちに一つ書いておきたい事なんですが、この会場で、それこそ当日券を買うところからそうだったんですか、何度となく列を 割り込まれた のですが、なんなんでしょうねぇ。。。 僕も旅行業界にいた人間ですので、顔を見れば(ある部分においてだけですけど)大体どういう人なのかわかりますから、単に「酔っ払ってるから周りが見えてない」とかいう理由ではないのはわかるので、大阪ならともかく(←偏見?)、北海道という国も案外民度が低いお土地柄?・・・とか、ついつい・・・。
安易にそんな事思いたくないのですが、「素材は1流、料理は2流、サービス3流」とかいう言葉もあるみたいですしね・・・大陸ですし・・・・・。

まぁ、気にし過ぎなのかもしれませんが。ただ、これから向き合っていく事になる日本のワイン業界ってのは・・・とか大風呂敷を広げて考えていくと、「やっぱり生産の現場にいるのが一番楽しいのかも知れないな。。。」とか素直に思ってしまったのも事実w。



でw、本題ですね。

別にこんなデカイ場でなくても良かったんですが、一度に道内13箇所のワインが試飲出来るチャンスなんて早々無いですからね。今回は多少無理してでも一度は行っておきたいということで、仕事が終わってすぐジャケットに着替え(←ガイド以来w)高速ぶっ飛ばして何とか会場10分前に到着。受付周辺に早速親会社の阿部ソムリエを発見したのですが、忙しそうだったのでお声はかけず。。。

会場内はこんな感じ↓。

wein.jpg
※この人数がほぼ全て「ヨッパライ化」するわけですw。

また文句ですがw、テーブルは全てグループ占拠されてしまい、カウンターみたいな所も無いので一人で来た僕のような人間には行き場が無いw。ビュッフェラインから何か取ろうにも、「で、どこで食べればいいの・・・?」という現実が待ってるわけですww。 最終的にはステージの縁とか、ビュッフェライン自体とかw、品切れになったブースのテーブルとかww、が、そーいった人たちの餌食になってました。

受付人数が800人とか言ってたかな?、人が多すぎな上に2時間しかないですからユックリなんてしてられません!。なんせ目的は試飲です!!。

とは言いつつも、'08年の秋以来ご無沙汰していたマオイの向井さん夫婦とか、親会社の古川部長とかにお礼の挨拶も出来たし、何か全体を見ててもそう感じたんですが、一種の社交場って言うの?、久しぶりな人たちがここぞとばかりに挨拶して回ってるような・・・そんな場所としても機能してるのかもしれませんね?。そう思うと(今度はちゃんと名刺持って)また来たくなりましたね。 今とは少しだけ違う立場でね。

で、最終的に試飲は14杯に達したのですが、

(注:ここより先は記憶が曖昧です)

一杯100ccは入ってたでしょうからね・・・僕にしては(外では)明らかに飲みすぎです。とはいっても、メモのチェックを数えてみるまではそんなに呑んだ気はしなかったんすけどねw。 そのメモもどっかに落としちゃいましたけど^^;。。。 

ホテルの料理やブースのチーズなども美味しかった筈なんですが、なんせ多勢に無勢ですからwうろうろしてる間にビュッフェラインが空になってしまい、補充が来るまでと思ってワイン飲んでるといつの間にか補充された分も空になってたりww・・・それでも「共働学舎」のとろけるチーズ(??)は、職場の先輩が珍しく「アレはチョーウマイから絶対食べとけ!!」と言っていた事もあり、かなり並んではいたんですがシッカリ頂いてきました。これは本当に美味かった!!。余談ですがこの時僕のすぐ前に並んでいたキレイな女性が(札幌100マイルの)小山内さんで、ちょうどそこへ話しかけてきたのが(作家の)千石さんだったりしましたw。勿論僕は面識ありませんのでそんな光景を眺めていてだけですが。。。決して小山内さんが割り込んできたと言っているわけではないです。

20時半に親会社の古川部長のシメのご挨拶を持って終了。ロビーで札幌シスターズ(?)に意味の無いメール打ってから会場を後にしました。


今回は最初から大雑把な印象だけわかればいいと思っていたので、まぁ、帰りが千鳥足になったっていいんですよ。まだ帰んないけど




⑤バルコ (同 深夜)

で、どう歩いてきたのかもよくわからないまま時計台の裏手くらいにあるバー「バルコサッポロ」へ。。。

ここのスタッフのお二人とはいつかお話してみたいと北海道に来た頃からず~っと思っていました。ちなみに別件で、アミューズの多田ガイドにもいつか話が聞きたいと思っていますがまぁここではカンケー無いですね。。。
でも、この時点で既にボトル二本空けているような状態ですからねw、それなのにまだ呑むつもりでしたからねww、最初にミュスカデを注文して、最後が・・・マルベックだったよな・・??、まで、(多分)6杯は呑みましたからねwww、もはや断片的な記憶しかなくてお二人や隣のお客さんも含めていつ誰と何の話をしたのかなんてもう無理ww。本当は半分は覚えてますよ。ただハッキリ答えが出せないでいるだけです。。。

・・・とは言っておきながら、「ただの逃避ですよ」と逃げ腰の僕に「でも、どういう(思いで)登山をしていたんですか?」と何度か問い掛けてくるクマ川さんのアツイ眼差しと、明らかに癒し系のヤギ田さんの笑顔(というか八重歯w)だけは何故かハッキリ思い出せるのでした。。。

シッカリお二人のお名刺までもらっているあたり結構いいお話が出来ていたんだと思うには思うんですが、何しろ記憶がほとんど無いの・・・もったいないよなぁ~なんか・・・w。

でもそれよりも問題なのは、帰る時に

ちゃんとお金、払って帰ったかどうか

すら記憶に無い事ですね。。。さすがに踏み倒してはいないと思うが・・・w。




-----------------------------------------------------------------------------------------------
店を出たのが多分24時だったと思うんですが、ファクトリーのネットカフェにチェックインした時間を後でレシートで確認したら AM 1:12 になっていて、一体どこをどう歩いたら時計台からファクトリーまで(※1km強です)一時間以上もかかるんだろうか・・・???。そもそもちゃんと会員証まで発行してもらった上でチェックインまでして、おまけにコート&ジャケットはキチンとハンガーにかけてポケットのものは全てテーブルの上に綺麗に並べた状態で寝ていたのに
そうした記憶が一切無いしかも寝ゲロもしてないww・・・・・・・。






7時に札幌を飛び出して、うら暖かな道中を一路北へ爆走。なんとか8時半前に出勤する事が出来ましたがさすがに午前中は仕事にならず。。。。。



ちょっと無理しすぎでした。  でも、すごく充実したなぁ~。。。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やるねー

やるねー  ってのは・・・

「どのへんが」、でしょうかww???。

聞くだけ野暮な話かナ・・・。

そろそろ引越しの季節ですね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。