スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一気に晩秋の寒さへ

今週に入ってもスッキリしない天気が続いています。特に前半は寒い上に雨だか霙だかまで降ってくる中ずっと濡れながらの作業が続き、正直このまま一週間こんな天気が続くんだったら一日くらいズル休みしてもいいかなぁ・・・なんて思ってしまうほど。。。 

おばちゃん達も言ってたけど、こういう中途半端な時期の寒さの方が体にこたえるんですよね。何なら雪でも降ってしまった方があったかく感じるんですよ。僕も過去にそういう経験はあります(登山で)。

さて、先週で収穫も終わり。現在メインの作業は完全に「剪定」に移っています。一昨日までは一年樹、二年樹の剪定作業に参加していたんですが、いよいよ三年樹以上になるとそれなりの「見る目」というものが必要になってきます。今朝の朝礼で今年はこういうやり方ですよというのをレクチャーしていたんですが、いやまぁなんと難しい事か・・・。一回聞いたくらいじゃ素人同然の僕には不安すぎます。。。

この「剪定」という作業ですが、冗談では無しに来年の行く末を左右するとても重要な作業でして、下手な切り方をすると木自体をダメにしてしまう可能性もあります。特にここ北国では、冬場は木が雪に完全に埋まってしまう、積算日照時間が少ない、等の理由により、同じドイツ系品種を使っていてもこの土地独自のやり方があり、それが今でも試行錯誤中という状態です。ワイン作りが如何に気の遠くなる作業なのかという事はいずれ書こうと思いますが、少なくとも去年のやり方、他の地域でのやり方がそのまま通用するというような甘い話ではありません。

試行錯誤でありながら失敗は許されない・・・・・

こんなの素人には危険すぎです。。。

ま、だからなのかもしれませんが、ここ数日は別の仕事をしてまして、来年総植え替えする園地(畑)の針金撤去作業を男4人衆でやっています。剪定は季節採用(なのにみんな10年選手・・・)のオバちゃん達が毎日せっせと担当しているようです。

本当は早く剪定覚えたい、だけどちょっとホッとしている・・・、現在やや複雑な気持ちです(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。