スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有害鳥獣の話(その1)

そもそも「有害鳥獣」の基準とは?、どこの機関が定めるの??、どこからが駆除の対象になるの???・・・、とか、まだそのあたりについてちゃんと調べていないもので、今日のところはとりあえずこんなのがいますよ~という話。



今週も引き続き線上げ作業を担当しています。因みに今日は雨だったんですが、秋冬シーズンのそれと違って寒くは感じないので大して苦痛ではありません。



さて、先週には野ウサギ、そして今日はエゾジカをそれぞれ畑で見つけました。出てきましたね、ボチボチ。。。

この近辺で畑に害を及ぼす動物といったら、まずは前記のウサギ、シカ。この辺は、早春~夏にかけて葡萄の樹皮や新芽、シカであれば葉なども食べてしまいます。エゾジカに関しては、ここいらよりも富良野とか、十勝の山に近いところの方が被害は深刻なようです。因みに収穫期に果実を狙う事は無いようですね。


実を食べる奴と言ったら今度は鳥が出てきまして、ムクドリやカラスなどにはよくやられます。ここ最近はムクドリの被害はそれ程ひどくは無いようですが、一時期は随分手を焼いたそうです。

そして、忘れてはいけないのが「アライグマ」。コイツの場合はご丁寧に皮だけ残して中の実だけを食べていくのですぐわかりますね。ご存知のように北米からやってきた帰化動物です。ペットとして飼われていたものが逃げ出し、持ち前の繁殖力で爆発的に増加。近年北海道ではコイツらの農作物への被害が深刻な問題として扱われるようになってきています。余談ながら、ジステンパーという狂犬病みたいなウイルスの媒体でもあるので要注意です。

冬になると、今度はネズミ。雪が積もると、雪と地面の間にトンネル状の通路を作り、そこから葡萄の幹にアクセスして樹皮を齧ると。この間書いた春のウサギの被害と一緒で樹液の通る年輪の一番外側の部分を攻撃してくるので、雪解けと共にこの齧り後を見つけるとヒヤヒヤしてしまいます。沢に近い畑がコイツらの被害が多い傾向にあるようですね。

他にも、クマが葡萄を食べたとかいう話をどこかで聞いたような気がしますが、少なくともウチでは前例が無いようですし、よそでもあまり一般的な話ではなさそうです。とは言ってもこの辺にもヒグマはいるにはいるみたいなので、よく足跡なんかは山に近い畑で見かけるらしい。夕方とかに一人では行くなみたいな事は秋に言われてたような気がします。。。

それからキツネとタヌキに関しては、ウチではあまり問題視していないようですね。タヌキなんかは果実を狙う事はあるらしいんですが・・・・・。


とまぁ、今までの所で見聞きしてきた事をざっと挙げてみましたが、たまにはこういった備忘録的な、あまりまとまっていない文章での更新もこれからはしていこうと思っています。なんせ、研修生のブログですので。。。










P.S 特に「駆除」という言葉がチラつくと、僕はどういう立場を取っていいのかわからない、板ばさみのような心理状況になってしまう事があります。

すなわち・・・・・


・足掛け5年、(カナダの)国立公園でガイドをやっていた自分

               と、

・農場で、良い葡萄を栽培するべく畑にいる自分


とでは、野生動物に対する接し方が180度変わりますから、どの立場でどういう発言、行動をするべきなのか・・・今でもまだ少しグラついてしまいます。

多分、まだしばらくの間は胸のどこかに引っかかったままでいるんだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど むずかしい

動物 植物を愛することは すばらしいけど
食っていく(人間のほうが) ためには わずらわしい
相手も食っていく(生きる)のに必死なのでしょうが
研修生 生産者 の立場で 今は考えないと
壁にぶち当たるかもね おすそわけ のワイン
にも 影響 しそうな雰囲気です ^o^ が
またね ワインでも のんで ゆっくりと。。。。。

郷に入れば郷に従え

かもね。
所変われば、立場も変わるってことだね。

北海道にアライグマがいるなんて
知らなかったよ。

>toshi さん
>姉さん

どこか引っかかる・・・とは言いながらも、実際畑でウサギに遭遇してしまえばバール振り回して追い掛け回したり石投げつけたり・・・と、まぁそんな感じです。

こういう議論って結局答えがあるような無いような結論に最後はなってしまうんでしょうし、まぁ、フランス人が好きそうな「議論の為の議論」ってやつで、テラスでワインでも啜りながらダラダラ取りとめも無く語り合うくらいでいいんでしょうね。。。
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。