スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始動

さて、朝起きて・・・ハイッ、11時回ってる (ToT)/ 。


というわけで、朝飯食べて昼過ぎまで家事などこなしていたわけですが、この半端な時間帯からでも行けそうな場所が近場にあるようなので、試しに行ってみる事にしました。。。




・・・・・なんてねw、昨日の時点で最初からそうするつもりだったんすけどネ。岩の原さんのウェブを見てたら来週末に試飲のイベントやるって書いてあったから、だったら来週の予定と入れ替えにしてしまえ!ってネ。






stcousair1.jpg

向かった先は、「St.Cousair」(サンクゼール)。

ワイナリーとしての創業は1990年ということになるのかな?、今やあちこちに支店もあり、レストランやチャペルなども保有する大きな企業になっています。ジャムとかも有名ですね。ちなみにわが町小布施にも支店があるのですが、まだ行った事はありません・・・。

ところで名前の由来ですが、「サンクレール」の方が通りがいいのにと思った人が多いんじゃないかと思いますが・・・ここの社長が久世 良三さんという方でして、夫婦そろってクリスチャンであられると・・・まぁ、そんな理由だそうですw。わかります??。

stcousair2.jpg

ショップの前の畑ですが、いよいよ萌芽の季節です。それにしても長野でも水平コルドン(葡萄樹の仕立て方)を見るとは思わなかった。番線の固定方を見ても容易に取り外しが聞くようになっていたし・・・標高があるからかな?、ここでは葡萄樹が埋まるくらいの雪は降るそうです。

stcousair3.jpg

15時からのガイドツアーに乗るべく14時過ぎに自宅を出てきたんですけど、道中迷いながらでも30分程度で着いてしまった!!。 蝦夷時代は隣の宝水さんや中澤さんとこに行くのでも一時間は余裕でかかったというのに・・・距離感覚が未だに大陸スケールになっているため、ちょっと焦りましたね^^;。

stcousair4.jpg

20分ほどのツアーの最後、外に出たところで発見した謎の物体ww。これを見た途端一気にテンション上がってきた

これワンオフ(特注)の防除機でしょ?、一度に二列両面散布できるようにしたんっしょ??。

ツアーは終わったってのに、案内役のヒラオさんを捕まえて諸々30分くらい話に付き合ってもらいました。元々栽培の現場にいた人なのだそうで、短時間ながら結構有意義な情報を聞き出すことが出来ました。ありがとうございました。 

願わくば折を見てユックリお話を聞きにいきたいと思ってますので、またよろしくおねがいしま~す

stcousair5.jpg

その後はショップでシャルドネをメインに色々見せてもらって、僕の好みの若々しいフレッシュな感じの一本をセレクト。因みに今度実家に帰った時に持って行こうと思って限定のシードルも買っておきました。

それにしても、僕がシャルドネとか口にするようになるとはねぇ~~~、感慨深いww。








chikuma0508.jpg

帰りもあっという間に着いてしまったのでw、ウチのみやこばぁから何度も聞いていた千曲川沿いの八重桜を見ながらちょっとお散歩。

結構凄くて驚きましたね。 でも、この川沿いの光景って、地元の多摩川を思い出してちょっと懐かしかったな・・・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。