スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災の余波は続く

北国の農村部は、ボチボチ融雪剤の散布が始まっています。ウチの畑でも来週から始めようとしているのですが・・・・・震災の影響は農業にも出始めているようです。


なんでも釧路の倉庫に保管していた融雪剤が津波によって水浸しになってしまっているらしく、平時ならいくらでも(?)発注できたものが今回は1,000袋確保するのがやっとでした。ちなみに例年2~3,000袋くらいは使っています、面積広いもので。。。

さらに、肥料用の石灰に関しては、津波災害に遭った地域の消毒用にということで政府が大量に確保したようで、今回は発注できていません。


今のところウチのことしかわからないけど、こういった影響がこれからジワジワと北海道の農家にも出てくるのかもしれません。









































僕が一番気になるのは、福島の放射性物質が今後どこまで飛来することになるのか。農業というところ『だけ』に限定してみれば、畑から基準以上の濃度の放射能が検出されれば、もうそこの作物は出荷できません。

まぁ、もうそうなったら畑どころの話じゃ済まないでしょうが・・・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。