スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有害鳥獣の話(その1)

そもそも「有害鳥獣」の基準とは?、どこの機関が定めるの??、どこからが駆除の対象になるの???・・・、とか、まだそのあたりについてちゃんと調べていないもので、今日のところはとりあえずこんなのがいますよ~という話。



今週も引き続き線上げ作業を担当しています。因みに今日は雨だったんですが、秋冬シーズンのそれと違って寒くは感じないので大して苦痛ではありません。



さて、先週には野ウサギ、そして今日はエゾジカをそれぞれ畑で見つけました。出てきましたね、ボチボチ。。。

この近辺で畑に害を及ぼす動物といったら、まずは前記のウサギ、シカ。この辺は、早春~夏にかけて葡萄の樹皮や新芽、シカであれば葉なども食べてしまいます。エゾジカに関しては、ここいらよりも富良野とか、十勝の山に近いところの方が被害は深刻なようです。因みに収穫期に果実を狙う事は無いようですね。


実を食べる奴と言ったら今度は鳥が出てきまして、ムクドリやカラスなどにはよくやられます。ここ最近はムクドリの被害はそれ程ひどくは無いようですが、一時期は随分手を焼いたそうです。

そして、忘れてはいけないのが「アライグマ」。コイツの場合はご丁寧に皮だけ残して中の実だけを食べていくのですぐわかりますね。ご存知のように北米からやってきた帰化動物です。ペットとして飼われていたものが逃げ出し、持ち前の繁殖力で爆発的に増加。近年北海道ではコイツらの農作物への被害が深刻な問題として扱われるようになってきています。余談ながら、ジステンパーという狂犬病みたいなウイルスの媒体でもあるので要注意です。

冬になると、今度はネズミ。雪が積もると、雪と地面の間にトンネル状の通路を作り、そこから葡萄の幹にアクセスして樹皮を齧ると。この間書いた春のウサギの被害と一緒で樹液の通る年輪の一番外側の部分を攻撃してくるので、雪解けと共にこの齧り後を見つけるとヒヤヒヤしてしまいます。沢に近い畑がコイツらの被害が多い傾向にあるようですね。

他にも、クマが葡萄を食べたとかいう話をどこかで聞いたような気がしますが、少なくともウチでは前例が無いようですし、よそでもあまり一般的な話ではなさそうです。とは言ってもこの辺にもヒグマはいるにはいるみたいなので、よく足跡なんかは山に近い畑で見かけるらしい。夕方とかに一人では行くなみたいな事は秋に言われてたような気がします。。。

それからキツネとタヌキに関しては、ウチではあまり問題視していないようですね。タヌキなんかは果実を狙う事はあるらしいんですが・・・・・。


とまぁ、今までの所で見聞きしてきた事をざっと挙げてみましたが、たまにはこういった備忘録的な、あまりまとまっていない文章での更新もこれからはしていこうと思っています。なんせ、研修生のブログですので。。。










P.S 特に「駆除」という言葉がチラつくと、僕はどういう立場を取っていいのかわからない、板ばさみのような心理状況になってしまう事があります。

すなわち・・・・・


・足掛け5年、(カナダの)国立公園でガイドをやっていた自分

               と、

・農場で、良い葡萄を栽培するべく畑にいる自分


とでは、野生動物に対する接し方が180度変わりますから、どの立場でどういう発言、行動をするべきなのか・・・今でもまだ少しグラついてしまいます。

多分、まだしばらくの間は胸のどこかに引っかかったままでいるんだと思います。
スポンサーサイト

架線張線な一週間

今日は土曜日。今週ももうすぐ終わろうとしています。

週の初めこそ苗木に関する事をしていましたが、その後はおばちゃん達から離れ、機械班の人たちに加わって今日までず~っと「線上げ」の作業を担当していました。


この作業、地味に疲れます(笑)。


各列に沿って、各針金を定位置に固定しながらダーっと歩いて思いっきり引っ張ってダーっと歩いて見直して、これが丸一日です。列と一口に言っても距離にすれば大体50~200mくらいですかね。そうすると、トータルで一日4~5km・・・いやもっとかも。。。

結構な全身運動になります。現在腕がちょっと筋肉痛。。。


でも張線が終わり、その後からオバちゃん達が枝を上げていくと畑の様子が見違えて「それらしく」変わっていくので何か気持ちいいですね。

SN3E0295.jpg
※N6の定位置から。今年は季節ごとにこの場所からの写真を撮っていきます。張線後、母枝固定前の風景。



作業は確実に進んでいきますが、まだ萌芽までは暫らくかかるようです。



SN3E0296.jpg
※オマケ。支柱に空いた啄木鳥の痕跡。虫なんているのかな??。

穂木の話

今日から畑は夏時間になり、これからは7時出勤です。緯度が高く日も高い地域ですから、もう少ししたら男衆は退勤も18時になります。 今のうちに体を慣らせておかないとね。。。

さて、ようやく畑のメンバーも全員出揃ったということで、今朝の朝礼では社長から今期の栽培計画についてのお話がありまして、中での一番の重要課題というのが「補植」でした。

具体的な数字というのも見せてもらうことが出来たのですが、いやはや・・・こりゃワヤだわ。。。


ここは北海道。冬の気候は葡萄の木にとってはやっぱり過酷なのです。雪の重み、極端な寒さ、これらによる枯死率というのは本州の方たちには理解しがたいものがあります。勿論他にも病害虫や有害鳥獣の被害に元の苗木の良し悪し、土壌との相性などなど、理由を想像していけばキリが無いのですが、現実として冬を越すたびに畑の垣根一列一列の中から実をつける葡萄の木が消えていく・・・というのが現状のようです。

で、今年からの3年間はこの「補植」を重点的に取り組んでいくと、そういうお話でした。


それにしても、ここは畑の面積がけた違いに広いですから、必然的に補植する苗(ないし挿木)の数というのもハンパじゃないわけで・・・軽~く“万”の桁までいくわけですよ。。。

さぁ、この先が楽しみだ


そんな訳で今日は、この穂木に絡んだ仕事をしていました。


SN3E0283.jpg
※まずは挿木用の枝から。雪から掘り返し、泥や黴を水で飛ばしてから保冷庫で保管します。

去年の剪定の時に「穂木取り」という作業があったんですが、その時にとっておいた枝(蔓)は冬の間雪に埋めて休眠させてあったわけです。もういい加減雪も融ける時期になったので、まずはこれを掘り返して保冷庫へ持っていく作業から。水をかけているのは泥や黴等を取るためという他に、乾燥を防ぐという目的もあります。「乾燥」についてはかなりシビアにならないといけないようです。。。


SN3E0288.jpg
※午後は苗木(接木)。掘り返してやはり保冷庫へ。

接木についてはちょっと難しいので割愛。ただこれも同じく乾燥に対してはシビアにならないといけません。袋に入れて保冷庫に移動するまでは、なるべく水をかけるようにしていますね。


SN3E0290.jpg
※移動中に乾燥しないように、水をかけて濡らしておきます。


実際の補植作業が始まるのは、線上げや母枝固定が終わる5月以降でしょうか。今日はその段取りの作業ということですね。



余談ですが、水を使う作業だったので当然泥だらけ。今日は温泉が気持ちよかったです。

たまにはワイナリーめぐり (空知エリア編)

今日は日曜日、畑仕事はお休みです。

北海道に来て以来、休みという休みが雨や雪だったものであまり外に出歩こうという気にもなれなかったんですが、今日は何とかいい天気。ちょっと風は強いですがその分気温は高めです。

SN3E0278.jpg
※晴れとはいえないですが、まぁいいでしょう。

今日伺ったワイナリーは二軒。 では、伺った順にいってみましょう!。

続きを読む

母枝(仮)固定 そしてオバちゃん達の復活

さて、昨日から枝張りが始まりまして、ちょっと例年より早いみたいですが、季節雇用のおばちゃん達も畑に戻って来ました。これからは畑も賑やかになりますねぇ。ちなみにこの春は、いつもはワインショップに入っている社長夫人も畑に出陣です。

写真を見ての通り、1日にここへ戻ってきた時からすると一気に融雪が進みました。朝晩はまだまだ氷点下ですが、日中は晴れてると10℃位まで上がるようになってきて、あぁ、やっぱり春なんだなぁ~~って感じますね。

多分、これから連休前くらいまではず~~~~~っとこの作業が続くんじゃないでしょうか?。


SN3E0259.jpg
※今年も畑に帰ってきてくれたオバちゃん達。見事に同じ体形格好してますね(笑)。最初見たときはちょっと驚きました、あ~日本だなぁ~~って(笑)。多くは地元農家の奥様方です。もう10年以上ここで働いている人たちなので、僕から見ればさながらプロ集団です。。。


SN3E0258.jpg
※背中に背負っている黄色いリュックの中身はこの紐でして、こうやって一本一本手作業で一番線に母枝を縛っていきます。因みにこの紐は紙で出来ていて、冬の枝降ろしの時にはバンバン切って畑に捨てていっても大丈夫!。

SN3E0260.jpg
※枝張りが終わるとこんな感じ。 やっと葡萄畑らしくなってきました。

SN3E0262.jpg
※同時に始めても、列の終わりではこれだけ差がついてしまう・・・・・やっぱプロ集団ですね。。。(拡大してみて)

ウサギの害

前の記事でちょっとだけ、野ウサギが木を齧ってどーのという話をしたと思いますが、今日はその被害が色濃く出ている畑の線上げをして来ました。

まだ少し雪が残っているところなので本来ならもう数日待つべき所なんですが、ちょっと被害が大きいので早く枝張りまでして「カプサイシンネット」(?)を木の根元に巻きたいという腹積もりからです。


SN3E0254.jpg
※見るも無惨な齧られた後。皮だけならいいのかもしれませんが、もう少し深いところを一周されてしまったら多分枯れてしまうでしょう・・・。


SN3E0255.jpg
※肩の部分が白くなっている木、この中から結構探せると思います。ちょっと多いです。。。


SN3E0257.jpg
※ウサギ目線(笑)。根元付近ではなく肩のあたりがやられているのは、雪解けでようやく木が出てきた所を狙ったからでしょう。糞の状態からこの春の(冬に雪が減った時ではなくて)犯行だと想像できますね。


因みに「カプサイシンネット」(?)ですけど、現物の写真と共に紹介する事にします。それから有害鳥獣の実態については、もう少しちゃんと調べてから、いずれまた。。。

線上げ開始

さて、今週あたりから線上げやるのかなぁ?、と思っていたら、早速週明けの今日から始まりました。いよいよ作業も春本番です。早ければ来週あたりからオバちゃん達も現場復帰してくるかも知れません。また賑やかになるなぁ~~。。。

この針金を外したりかけたりという作業は雪国にはどうしても必要な作業でして、これをかけっぱなしにしておくと雪が降り積もった時に重みで負荷がかかってしまい、伸びたり、最悪は切れてしまったり、勿論支柱にも要らぬ力が働いてしまう事になります。

これが無いだけで、一体どれだけの作業時間を他の事に費やせるでしょうか・・・?。なんせ約120haずーーーーっとこれですから(笑)。

で、この作業を追いかけるようにオバちゃん達の怒号の「枝張り」(一番線に葡萄の木を紐で固定する作業、やはり120ha・・・)が始まるわけですね。


SN3E0248.jpg
※予想通り5番の畑からスタート!。背後は樺戸連山。僕の心の故郷、表丹沢の雰囲気と良く似ていて落ち着きます。


SN3E0250.jpg
※今年3年目の若い木でまだ樹形がシッカリしていないので、一番下の針金(1番線)にビニタイで結びつけて降線と共に枝が寝るようにしてあります。線上げ時の勢いで枝が飛ばないようにこれを外してあげるのも重要な作業。


SN3E0251.jpg
※冬場は雪に埋もれていたわけですが、このように雪の重みに耐え切れず折れてしまう木もあります。3年分の生長がパーになったわけですね・・・。他にもヤチネズミやウサギにやられてしまう事もあります。


SN3E0252.jpg
※1本1本の柱にかけていった針金を、最後は末端から思いっきり引っ張ってフックで仮止めします。後日、バールのような工具で本締めして完了。

農場研修、再開!!。

SN3E0237.jpg
※帰ってきて一番の大仕事は、「水道の元栓を掘り返す事」でした。。。 写真中央下の黒いのがそうです。

本当は帰ってきたらすぐ更新する予定だったんですが、自宅に着いたその日に長年愛用していたノートPCが壊れてしまいまして・・・。 今日になってようやく使える状態までこぎつけたので、遅ればせながら畑に復帰した報告です。


この冬はウチの畑始まって以来の貧雪だったようで、例年ならほぼ完全に埋まってしまう葡萄の垣根(1.9m)もせいぜい半分くらいしか埋まらず、また雨が降ったりもしたので1月、2月でも雪の下から葡萄の木が出てきてしまうような日もあったりと、まぁ、一言で言うと 「異常」 だったようです。

なので、これも例年なら3月の中旬から始めるはずの、畑への「融雪剤散布」という作業をする必要もなかったようで、それでももうボチボチ完全に融雪した畑も出てきたくらいです。

ここ数日は、垣根の支柱になっている木柱の中で折れたり倒れたりしたものを交換して打ち変えるという作業をしています。畑が冬眠から覚める前にやっておかないといけない作業ですよね。

SN3E0238.jpg
※キロロに比べるとお天気も良くうら暖かな陽気です。

その後もう少し雪解けが進んだら、冬の間垣根から下げていた針金を張りなおす作業「線上げ」、その後その針金に葡萄の木を縛り付けていく「枝張り」という順番で作業が進んでいくのですが、この頃から農家のオバちゃん達も畑に復帰するようです。


さて話はそれるんですが、今年、実は畑仕事以外にもちょっとした「大役」を仰せ付けられていまして、この事については、まぁ、実際に事が動き出したら書いてみようと思います。 

過去に嫌々やっていた事でも役に立つ事があるんだなぁ・・・などと、ちょっと感慨に耽っている今日この頃でした。

SN3E0242.jpg
※もうすぐこの畑も冬眠から目覚めます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。